普通の人でも成功できる その方法とは

成功する人は案外と普通の人 成功する方法を知っているだけ

就活、就職活動や転職で成功したい。
会社に入ったら出世したい。
働きながら実力を養いキャリアアップしたい。
独立起業して夢を追いたい。

 

自分の力で自由に生きたい、自分が本当にやりたい事、夢にや希望を叶えたい。生きている間に成功す人とそうでない人がいます。どういう人が成功できると思いますか?
稼ぐ,ネットビジネス,成功
成功する人とは

とにかく、凄い人?

  • 天才、特別な才能がある人
  • 強運の持ち主
  • 医師、弁護士などの難関資格を持っている人、 
  • 東大を出てアメリカの大学に留学してMBA(経営学修士)を取った人
  • できる人、
  • 自信家、
  • 切れる人、
  • 並外れた実行力がある人
  • 意志の強い人
  • 親が資産家

等々。誰もがそう思い込みがちです。でも現実は違います。優れた才能や人間性あるいは資産を持ちながら、生きている間には何もできないでいる人も大勢います。

 

実際に成功できた人は、結構、普通の人です。むしろ劣等生や、高校や大学なんか出ていなくても実際に成功しています。

 

では成功する人と何もできないで終わってしまう人との違いは何でしょう。

血のにじむような努力、死ぬほど努力ができる事?

  • 「一番大切なことは努力だ! 修行だ!。、
  • を磨き、実践して経験を積み、実績を積み上げる事だ。」 
  • 「修行を通じて人間性を鍛える事だ」
  • 「地道にコツコツ頑張ってさえいれば 結果は自然についてくる。結果がでないのは努力が足りないからだ。」

 

成功する人

 

確かに努力を続け、人間性を磨くことは大切です。でも一生賢明努力を続けて素晴らしい人間性を持ちながら、生きている間には何もできなかった人も大勢います。(死んでから有名になった人はいますけれど。)
成功できる人は、結構 普通の人です。普通の人に仙人の様な超人の様な苦労や修行などできるはずがありません。

 

成功する人は 論理的で納得できる説明がキチンとできます。

 

そう言いますと異論のある人がいるでしょう。

 

「口先ばかりの奴に何ができる。」

 

でも論理的で納得できる説明がきちんとできる人は、信用されます。信用は大きな力を生みます。 

 

 例えば、コネなし、技なし、無一文からスタートして、修行してお金を貯めて小さな寿司屋を一軒構えて繁盛させて、世界的寿司チェーン店を展開する巨大企業を一代で築き上げるとか。一人では成し遂げられそうにはない壮大な夢ですが成功したいですよね。成功する為にはあなたが関わる人達、親、仲間、部下、上司、社長、お客様、スポンサー、銀行、株主から信用されることです。
どうやって?あなたに関わる人たちはあなたが成功する人かどうかが分かりません。
そこであなたが語る言葉で判断します。

 

  • 就職活動や転職でも
  • 大きな仕事を任せる場合でも
  • 昇格、昇進でも
  • 独立起業に必要な資金を融資するにしても
  • 起業したあなたの会社で働くにしても
  • あなたがピンチに陥ったとき、救いの手を差し伸べるにしても。

 

あなたが語る言葉やレポートから、論理的で納得できる説明がきちんとされるかで あなたが信用できる人かどうかが判断されます。

 

   

 

成功する人は 論理的で納得できる説明をきちんとします。

 

成功する人

 

自分がやりたい事をきちんと説明できる人は。「軸がぶれない」、 「芯がしっかりしている。」、「任せて大丈夫」と見なされるものなのです。これが信用を生み出します。この信用はあなたが成功する上で大きな力を発揮します。

 

 

 

 

 

成功する人は 論理的で納得できる説明をキチンとする人です。

 

例えばのお話です。

 

あなたが二十歳の大学生だとします。ある日、学校を辞めて寿司職人になろうと志しました。お父さんやお母さんは反対です。あなたは親を説得できるでしょうか?

 

親に養ってもらっている身でありながら「説得なんて必要ない、自分の人生自分で決めて何が悪い。」なんて言う人はまず成功できないでしょう。親を説得してみて下さい。 

 

寿司職人はあくまでも(仮)のお話です。ここではあなたのやりたい事に置き換えて聞いて下さい。

 

あなたは2年前に大学生になりました。受験勉強から解放されて憧れのキャンパスライフ、日本の大学はレジャーランドと世界から呆れられいますがその実態は中々変わりません。学校の授業はつまらなく自分が社会に出て役立つとはとても思えません。大抵の学生は勉強なんてそこそこに、バイトしてお金を稼ぎ、クラブ活動かサークルにでも入って仲間と飲んで騒ぐ日々。でもこれで良いのだろうか?いずれは卒業してサラリーマンになってあくせく働く日々が待っている、遊べるのは今のうち。それで良いのだろうか?。
そんなある日、あなたは外国のTV番組で、銀座の粋な寿司職人がさっそうと寿司を握り、その様子を外国人レポーターが「素晴らしい」、「さすがに、和食は世界遺産」と絶賛しているのを見ました。あなたは「これだ!」と思えました。
 

 

あなたは今すぐ大学を辞めて、寿司屋に弟子入りして修行を始めようとします。

 

それを聞きつけたお父さん、大反対です。「大学は絶対に卒業しろ!」。お父さんは大学は出ておらず、社会では随分と苦労したそうです。あなたが受験を経て大学に入学する頃、世間はとても不景気で家計が苦しい中、お父さんは何とかあなたの学費を工面してくれました。お父さんは自分と同じ苦労をさせまいとあなたに強く迫ります。「大学を卒業してまっとうな会社に就職しろ。」

 

あなたは「自分の人生、自分で決めて何が悪い。」と反発します。でも今は養ってもらっている身、大学を辞めて寿司職人の道に進むならせめて親を納得させねばなりません。それぐらいできなければ成功できる人にはなれないでしょう。

 

あなたは父親の説得を試みます。

 

 

 

「新卒で会社に就職しても3年以内に3割も辞めている。会社に残ったとしても中高年になってリストラされるかも知れない。会社が倒産するかも知れない。手に職をつけて技で食べていける寿司職人の道を選んだ方がよっぽど良いに決まっている。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが親父さん、社会人の大先輩だけあってあなたの説明の矛盾点を突いてきます。

  • 「今は回転寿司やスーパーのパック寿司が大流行り。そのような業界では腕の良い寿司職人など必要とはされないのじゃないか?」、
  • 「ムリして寿司職人になっても技を生かして食べていける保証はあるのか?。」
  • 「寿司職人で働いて十分な報酬を得られる人は銀座に店を構えられるごく一握りの名人だけじゃないのか?」

 

 

 

 

こう言われると急に不安になるものです。よく考えるとあなたは寿司職人の粋な仕事ぶりにばかり憧れて、肝心なことは何も知りませんでした。どうすれば寿司職人なれるのか、仕事はきついのか、休みはあるのか、年収はどれくらい?。何よりも将来性はあるのか。ちゃんと食べていけるのか?。
そんな事やってみなければ分からない。今説明する必要があるのか?でも考えてみればこれから親以外にも説明を求められます。

  • 良き師匠に弟子入りする為には 自分の志が揺るがないことを簡潔明瞭に説明しなければなりませんし
  • 修行を終えて自分の店を構える為に銀行から融資してもらう必要がありますが、事業計画を説明しなければなりませんし
  • 店を構えて人を雇う身になった時も、仕事のやり方を上手く説明する必要があります。

 

論理的に納得できる説明ができない人は 信用されませんし、成功もしないでしょう。

 

成功する人は 論理的で納得できる説明をキチンとする人 と言われても 

「論理的に納得できる説明ができない人は 信用されませんし、成功もしないでしょう」って

 今更言われても。

 

 

 

もうだめだ!


 

国語、作文、スピーチは特に苦手でも気にもしなかった。 別に作家や新聞記者、ニュース解説者などなるつもりはないからと思っていたのに。

 

 

学校の勉強でも国語、作文、スピーチは特に苦手だった。

 

どうして、もっと早く言ってくれなかったの!


 

大丈夫です。学校の勉強、国語、作文、スピーチが苦手でも説明する力をつけられます。

 

先ずは、説得する相手の気持ちに迫ってみましょう。「って ・・・・エスパーでもあるまいに人の心なんて読めない!」、なんて思わないで インターネットに溢れる「就活生の子供の夢と現実に悩む親の気持ち」を調べてみましょう。親世代の心配事で見えてくるのは老後の不安、年金や社会保障が減らされる中、働かないで親の家に引きこもる子供を抱えるシニアの厳しい現実です。年老いたじぃさんやばあさんの世話と合わせてダブル介護の重圧という不安もあります。

 

親の不安を取り除きちゃんと説得するためにはしっかりしたキャリアプランを立てましょう。調べてみると調理師学校はお金がかかるのでい大きな寿司店に弟子入りして約10年位で独立できそうです。その間は月10万円程度の低賃金で下働きをしながら親方の技を見て覚える日々。ようやくカウンターで寿司を握れるようになったとして、一般的な寿司職人の実態は仕事がきつい割には年収はサラリーマンより低い様です。有名な名人となって銀座に高級店でも出せれば高い年収が期待できるそうですがちょっと無理そうですね。

 

 

 

何よりも将来性ですが世間で大繁盛しているのは寿司職人を必要としない回転寿司店やスーパーの寿司です、最近は技術も発達して安くてうまい。寿司職人の腕だけで独り立ちするって現実はとても厳しいようです。これでは親が心配するのも当たり前。反対する親を説得するなんて絶対に無理なのでしょうか?

 

 

 

大丈夫です、できます。

 

インターネットに溢れる情報を活用できれば展望が開けます。人を説得するという事は、自分のキャリアプランをしっかりと考えるという事につながるので自分の為でもあります。調べてみると、今や世界的な寿司ブーム。一人前の寿司職人になった後、アメリカに渡って SUSHI SHOPで働けば年収一千万も夢ではないようです。アメリカ人を相手に数年、寿司を握れば開業資金も溜まるでしょう。寿司職人には輝かしい未来があるじゃありませんか。但し、寿司店は接客業。アメリカ人相手に商売するのだから英語に堪能でなけれなりません。じゃぁ今日から実践的な英会話の勉強に励むとしましょう。学校の成績の為とか入社の条件TOIEC何点以上とか言われても勉強する気にはなりませんでしたが 自分の夢を叶えるためですと嫌ではなくなるものです。

 

 

 

どうです、お父さんに納得してもらえる説得する自信はつきましたか? 人を説得するという事は自分がしっかりとした軸を持つという事です。自分がやろうとすることに反対されても簡潔明瞭、理路整然と揺るがない説明をする。こういう人が成功できる人です。お父さんを説得する為には、お父さんの気持ちをよく考えて 自分が決して浮ついた気持ちで大学を退学するのではない事を分かってもらういましょう。

 

  

 

論理的で納得できる説明をキチンとする力は具体的にどうすれば身につく?

 

成功する人は論理的で人を心から納得させる説明をきちんとする人です。そういう事が出来る人は軸がブレずに芯がしっかりしていると見なされ、関わる人たちから信用されます。信用は大きな力を生む見出しあなたが生きている間に成功をもたらします。
SIRIUS(シリウス)

 

こう聞いても、全然そういうふうになれる自信がないというあなたへ。

 

自信がないのも無理ありません。日本の教育はそういう社会に出て大切な実力を全く育もうとはしません。ハッキリものを言わない日本の文化にも問題があります。では世界の中で日本人はダメ集団かと言うとそんな事はありません。日本の企業で働くビジネスマン達が仕事を通じてそういう実力を養うからです。

 

 

 

成功する力は ビジネスを通して養われます。成功するまで諦めない、この繰り返しがしっかりとした軸を養います。

 

成功する

 

但し、自分で考えて行動して結果に責任を持つ、そんな仕事に携わっている人に養われる力です。自分で考えて行動して結果に責任を持つってエリートや幹部?、またはセールスマン?。そんな仕事に携われない自分には永久に養われないのでしょうか?

 

大丈夫です。自分でビジネスを実践しながら成功する力を養う方法があります。実践エキササイズとして個人で起業する方法です。資金はいりません。学校に通いながら、働きながら、家事をしながらできます。 上手くできれば稼ぐことも可能です。やれば絶対に稼げるとは言いませんがやってみる価値はあります。

 

成功する方法

 

稼げれば自分の将来投資にも役立つでしょう。
お金を稼ぐ

 

借金や在庫を抱えて苦しむ心配もありません。
お金を稼

 

 

 

関連ページ

才ゼロ レビューの決定版
才ゼロが凄い!数あるライティング教材の中でなぜ?
仕事を辞めてどうする
会社を辞めたい?、転職で解決できる?
人はこんな事で輝ける
普通の人でも、簡単に輝ける人になれます。