花粉症 対策は 体質改善で解消

マスクや薬に頼らないで済む 花粉症対策

花粉症に悩む人にとっては憂鬱な春の訪れ。冬から春を経て初夏にかけて辛い季節ですよね。花粉症とは季節性アレルギー性鼻炎とも言います。

 

花粉症 

 

くしゃみ、鼻水、鼻づまり。 目のかゆみ、涙、充血の症状を引き起こす、これらの症状。

 

花粉症 

 

 

 

日本人の約4人に一人は花粉症に苦しみ
日本の約4人に3人は花粉症に苦しまない。

 

どうすれば? 花粉症から解放されるのでしょう?

花粉症を発症する人は花粉症に苦しまない人に比べて何が起きているのでしょう?。どうすれば抗ヒスタミン剤の様な医薬に頼らず花粉症に苦しまない体質に「なれるのでしょうか。

花粉症とは

花粉症の一般的な説明です。

花粉が体内に入ると リンパ球が (体に害なす有害な細菌などの) 侵入者と判断してIgE抗体を作って 鼻や目の細胞にそのIgE抗体がくっついて そこへ花粉が侵入してくるとヒスタミンなどの化学物質が分泌されて花粉をできる限り体外に放り出そうとしてその結果 くしゃみ、鼻水、涙で洗い流そうとしたり 鼻づまりで侵入を妨げようとする反応が起きる。

と言うのが花粉症の一般的な説明ですけれど、聞いている側としては
正直に言えば 何を言っているのか? どうすれば良いのか? 分かりませんよね。

 

例えて言えばこんな感じです。私達の体を社会に見立てましょう。体を構成する37兆個程の細胞一つ一つが住民です。私達の体は細菌やウイルス、、癌、有害物質に侵されますがそういう悪いものが体に入ってきても免疫細胞がやっつけてくれます。免疫細胞は警察官のようなものです。

 

花粉症 

 

私達が泥棒や交通事故などの被害から守られ安心して暮らすためには警察が要りますよね。警察官は社会に無くてはならない人達です。

 

ところがもし、
無実の人があらぬ容疑で連行されたり、逮捕されて取り調べられた入り、犯してもいない罪を認めろと脅迫されたり拷問されたり、あるいは監視されて私達のプライバシーが侵される。そんな社会になったら住み辛いでしょうね。

 

「おい、こら!」

 

「逮捕する!」

 

「言い訳は署で聞こう。」

 

「拘留だ。」
花粉症 

 

今の平和な日本では考えられない事ですが、戦争や不況、伝染病や災害、テロや恐慌などの異常事態が起きて社会が不安定になった時、このような事が起き得えます。歴史が証明しています。市民を守るはずの警察が 健全な市民を取り締まるような社会になるとすれば誰が悪いのでしょう? 警察官でしょうか?警察官は決められた職務を遂行しているだけです。こういう時には警察官を狂わせる誤った通報が横行しているものです。

 

花粉症 

 

実際に悪いのは警察官ではなく、私達が住んでいる社会の仕組みとか、不安定さとか、脆弱性(弱さ)だったりしますよね。

 

体も同じです。私達を守るはずの免疫細胞、それが本来は無害な花粉に異常に反応し、体外へ追い出そうと過剰に反応するのです。くしゃみや鼻水、涙などはその一例です。そんな体質を改めないと これからも花粉症に苛まれ続けることになります。

 

花粉症治療の注意!

 

花粉症が酷い人の多くは 花粉症やアレルギー性疾に有効とされる抗ヒスタミン薬を処方されます。但しこの薬副作用として眠気が現れます。

 

花粉症 花粉症

 

 

試験勉強や仕事に勤しむ人には不向きですよね。他にも口の渇き、吐き気、便秘などの副作用が懸念されます。そもそもヒスタミンとは体の外から侵入する有害な細菌やウィルスを排除するもの。花粉症の症状を抑える治療とは あなたを守ってくれる警察官から武器を奪うような事に近いイメージです。花粉症は治まっても、抵抗力が弱まる懸念もあるので気を付けて処方しなければなりません。

花粉症とは生命維持機構の乱れ

最近の医科学研究の成果で次第に分かってきた私達の生命維持機能、それは簡単に言うとこんな感じです。頑張るときには頑張る、危機が迫れば切り抜けられる、火事場では馬鹿力がだせる。有害な物質、細菌やウィルスが体内に侵入してもそれを排除してしまう。でも安らぐ時は心身を休める、休んでいる間に心身の疲労回復、ダメージの修復を行う事ができる。これが進化の過程で自然に身についた生命維持機能です。私達の体の中には自分では意識していませんがこんな生命維持機能が働いています。具体的には・・・・

  • 自律神経(頑張りとや安らぎのバランス)  
  • ホルモン(刺激物質 若さや健康の源)   
  • 免疫力(有害な細菌やウィルスと戦う)  
  • 情報伝達物質(臓器間ネットワーク交わされる情報交換)
  • 睡眠(記憶や感情の整理、仕分け 脳の発達)

他にも次々と新しい発見がなされるでしょう。ところが、ストレスが多い現代社会においては 進化の過程で身につけた生命維持機能がバランスを失いつつあります。よく耳にする例としては

  • 鬱(うつ)や自律神経失調症 パニック 
  • 高血圧、不整脈、血圧サージ、心房細動
  • 不眠症、気力喪失
  • アトピーとか花粉症
  • 腰痛
  • 成人病(ガン、糖尿病、心臓病、脳卒中)

 

花粉症とは 現代社会の影響で私達の体を守るはずの生命維持機能が狂っている一例なのです。

 

生命維持機能が狂うって何か、怖いですね

 

でも大丈夫です 次に述べる方法で狂いかけた生命維持機能を元に戻す事が出来ます。

 

 

須永博先生が提供「花粉バスター」とは

須永博先生が提供「花粉バスター」とは花粉症になる原因を生活習慣の見直しから改めるものです。先ず、ご自分の原因は何かを探るところから「花粉バスター」プログラムは始まります.。

 

花粉症になる原因を生活習慣とは

・睡眠不足、疲労、偏食などによる免疫機能の混乱
・過度なストレスによる自律神経の乱れ
・ファーストフード、インスタント食品への偏食による 野菜不足、食物繊維不足
・添加物など有害物質の過剰摂取
・アレルギー体質
 

 

私がこのプログラムをお薦めするメリットです。

 

1.薬を飲まないで治す方法である事。
2.対処療法ではなく根本治療である事。
3.専門医は舌下免疫療法を勧めますが、それよりも良いし早く効果が望めると思える事。
(舌下免疫療法は杉花粉、ヒノキ花粉と各々対処要 完治に5年かかる例も )
4.2週間目から効果が感じられ。 1〜2ヶ月で花粉症の症状が消えた。と早めに効果が期待できること。
5.コスパ
 支払いは最初のプログラム代一回切り。空気清浄機を購入したり 薬代や医療費、マスク代やゴーグル代 にかかる費用に比べれば桁違いの安さ。 

 

デメリット

 

1.即効性はありません。
 → 苦しくて我慢ができない人は専門医から治療を受け、並行して「花粉バスター」を並行して行っては如何でしょう。
2.病院の治療ではありませんので保険の適用はありません。それでも桁違いに安く済みますが。
3.あたの生活習慣の中から花粉症を悪化させる根本原因を見つけ損なうと改善が長引きます。
  → 「花粉バスター」には1ヶ月間無料メール相談が利用できますし万が一、3ヵ月間で花粉症の症状が全く改善されなければ、須永先生が直接無料でアドバイスいたします。

 

 

このプログラムは500名以上の人が花粉症から解放された実績があります。「花粉バスター」で慢性の花粉症 アレルギー鼻炎を克服した方々からは

 

「鼻づまりがなくなり、難なく呼吸ができる生活を取り戻せた。」

 

「ぐっすり睡眠できるようになり いらいらがなくなり 精神的に余裕が持てるようになった。」

 

「鼻声でなく元気よくはっきり喋れるようになった。」 

 

というメッセージが届いています。

 

>> さぁ あなたも 快適な人生を取り戻しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

血流を良くする
「困っている患者を助けたい。」、「本人が自覚していない深刻な病の進行を食い止めたい。」メタボ解消や成人病治療が専門の医師がお薦めする方法
高血圧改善方法
血圧が異常でも何もしない人、逆に何をやっても血圧が下がらないと悩み諦めている人へ
近視・老眼を治す方法
目が疲れる、目の奥が痛い、目疲れから頭痛肩コリと言う方へ。視力低下を止めて視力を回復しましょう。
美味しい天然水
富士山麓で湧く天然ミネラルウォーターは世界ランキングでもトップクラスとか
糖尿病改善方法
糖尿病にならない方法とは何を食べるかと、どう食べるかに尽きます。食欲や空腹を満たす為に食べるのではなく、体を労わり養うように食べる。それさえできれば 美味しいものを食べたり飲んだりする楽しみを我慢しなくても健康でいられます。