花粉症 対策は 体質改善で解消

マスクや薬に頼らないで済む 花粉症対策

花粉症に悩む人にとっては憂鬱な春の訪れ。冬から春を経て初夏にかけて辛い季節ですよね。花粉症とは季節性アレルギー性鼻炎とも言います。

 

花粉症 

 

くしゃみ、鼻水、鼻づまり。 目のかゆみ、涙、充血の症状を引き起こす、これらの症状。

 

花粉症 

 

 

 

日本人の約4人に一人は花粉症に苦しみ
日本の約4人に3人は花粉症に苦しまない。

 

どうすれば? 花粉症から解放されるのでしょう?

花粉症を発症する人は花粉症に苦しまない人に比べて何が起きているのでしょう?。どうすれば抗ヒスタミン剤の様な医薬に頼らず花粉症に苦しまない体質に「なれるのでしょうか。

花粉症とは

花粉症の一般的な説明です。

花粉が体内に入ると リンパ球が (体に害なす有害な細菌などの) 侵入者と判断してIgE抗体を作って 鼻や目の細胞にそのIgE抗体がくっついて そこへ花粉が侵入してくるとヒスタミンなどの化学物質が分泌されて花粉をできる限り体外に放り出そうとしてその結果 くしゃみ、鼻水、涙で洗い流そうとしたり 鼻づまりで侵入を妨げようとする反応が起きる。

と言うのが花粉症の一般的な説明ですけれど、聞いている側としては
正直に言えば 何を言っているのか? どうすれば良いのか? 分かりませんよね。

 

例えて言えばこんな感じです。私達の体を社会に見立てましょう。体を構成する37兆個程の細胞一つ一つが住民です。私達の体は細菌やウイルス、、癌、有害物質に侵されますがそういう悪いものが体に入ってきても免疫細胞がやっつけてくれます。免疫細胞は警察官のようなものです。

 

花粉症 

 

私達が泥棒や交通事故などの被害から守られ安心して暮らすためには警察が要りますよね。警察官は社会に無くてはならない人達です。

 

ところがもし、
無実の人があらぬ容疑で連行されたり、逮捕されて取り調べられた入り、犯してもいない罪を認めろと脅迫されたり拷問されたり、あるいは監視されて私達のプライバシーが侵される。そんな社会になったら住み辛いでしょうね。

 

「おい、こら!」

 

「逮捕する!」

 

「言い訳は署で聞こう。」

 

「拘留だ。」
花粉症 

 

今の平和な日本では考えられない事ですが、戦争や不況、伝染病や災害、テロや恐慌などの異常事態が起きて社会が不安定になった時、このような事が起き得えます。歴史が証明しています。市民を守るはずの警察が 健全な市民を取り締まるような社会になるとすれば誰が悪いのでしょう? 警察官でしょうか?警察官は決められた職務を遂行しているだけです。こういう時には警察官を狂わせる誤った通報が横行しているものです。

 

花粉症 

 

実際に悪いのは警察官ではなく、私達が住んでいる社会の仕組みとか、不安定さをか、脆弱性(弱さ)だったりしますよね。

 

体も同じです。私達を守るはずの免疫細胞、それが本来は無害な花粉に異常に反応し、体外へ追い出そうと過剰に反応するのです。くしゃみや鼻水、涙などはその一例です。そんな体質を改めないと これからも花粉症に苛まれ続けることになります。

 

花粉症治療の注意!

 

花粉症が酷い人の多くは 花粉症やアレルギー性疾に有効とされる抗ヒスタミン薬を処方されます。但しこの薬副作用として眠気が現れます。

 

花粉症 花粉症

 

 

試験勉強や仕事に勤しむ人には不向きですよね。他にも口の渇き、吐き気、便秘などの副作用が懸念されます。そもそもヒスタミンとは体の外から侵入する有害な細菌やウィルスを排除するもの。花粉症の症状を抑える治療とは あなたを守ってくれる警察官から武器を奪うような事に近いイメージです。花粉症は治まっても、抵抗力が弱まる懸念もあるので気を付けて処方しなければなりません。

 

花粉症とは生命維持機構の乱れ

最近の医科学研究の成果で次第に分かってきた私達の生命維持機能、それは簡単に言うとこんな感じです。頑張るときには頑張る、危機が迫れば切り抜けられる、火事場では馬鹿力がだせる。有害な物質、細菌やウィルスが体内に侵入してもそれを排除してしまう。でも安らぐ時は心身を休める、休んでいる間に心身の疲労回復、ダメージの修復を行う事ができる。これが進化の過程で自然に身についた生命維持機能です。私達の体の中には自分では意識していませんがこんな生命維持機能が働いています。具体的には・・・・

  • 自律神経(頑張りとや安らぎのバランス)  
  • ホルモン(刺激物質 若さや健康の源)   
  • 免疫力(有害な細菌やウィルスと戦う)  
  • 情報伝達物質(臓器間ネットワーク交わされる情報交換)
  • 睡眠(記憶や感情の整理、仕分け 脳の発達)

他にも次々と新しい発見がなされるでしょう。ところが、ストレスが多い現代社会においては 進化の過程で身につけた生命維持機能がバランスを失いつつあります。よく耳にする例としては

  • 鬱(うつ)や自律神経失調症 パニック 
  • 高血圧、不整脈、血圧サージ、心房細動
  • 不眠症、気力喪失
  • アトピーとか花粉症
  • 腰痛
  • 成人病(ガン、糖尿病、心臓病、脳卒中)

 

花粉症とは 現代社会の影響で私達の体を守るはずの生命維持機能が狂っている一例なのです。

 

生命維持機能が狂うって何か、怖いですね

 

でも大丈夫です 次に述べる方法で狂いかけた生命維持機能を元に戻す事が出来ます。

 

 

花粉の季節でも全然平気な体質になれます。

花粉症にならない体質に慣れます、薬や治療、マスクや 高価なサプリ等に頼らなくても。

 

1.花粉症の原因を突き止める。
 自分の花粉症タイプを正確に把握する。
 例えば
 ・睡眠不足、疲労、偏食などによる免疫機能の混乱
 ・過度なストレスによる自律神経の乱れ
 ・ファーストフード、インスタント食品への偏食による 野菜不足、食物繊維不足
 ・添加物など有害物質の過剰摂取
 ・アレルギー体質         など 花粉症の原因は様々ですが原因を把握した上での対策が大切です。

 

2.原因に応じた体質改善
 対処療法ではない、花粉症を根本から体質改善します。
 と言ってもあなたの生命維持機能を歪めている悪しき生活習慣の見直しです。一日5分程度の薬に頼らない誰にでもできる方法にしておきましょう。そうでないと長続きしませんから。

 

3.なるべく早くスッキリさせる
 効果の高い花粉症対策を 上の2.に書いた体質改善と並行して行います。

 

4.再発の防止

 

 花粉症が一旦治まっても油断しない事です。 再発しないよう体質改善の自己チェックを行います。

 

 

生まれつき花粉症と言う人はいないそうです。生きているうちに何かのきっかけで免疫機能がバランスを失ってしまって発症するのですが こういう指導をちゃんと受けて、自分自身で花粉症に苦しまない体質を取り戻す事ができます。

 

 

 

 

こう言ったプログラムは実績が第一、その点これは以下の様な保証がついているので信頼度が高いです。

  • 万が一、3ヵ月間で花粉症の症状が全く改善されなければ、責任者が直接一度お会いして無料アドバイスが得られます。
  • 1ヶ月間無料のメール相談に応じるなど、花粉症解消実績と自信がなければあり得ない保証がついています。

 

 

>> 花粉の季節でも全然平気な体質になりましょう。

花粉症にならない体質改善に役立つ サプリ

花粉症を抑える食べ物として

 

くしゃみ、鼻水、鼻づまり 目のかゆみ、涙、充血などの症状を抑える対処療法的な薬と、花粉症体質を改善して予防するサプリなどがあります。当サイトでも 副作用のない体質改善サプリはお薦めです。花粉症によく効くとされるものは色んなものが出ています。

明治プロビオヨーグルトR-1 をスーパーの特売日でどっさり買い込む人を見かけますし

 

「体にピース」とか言ってL-92乳酸菌を通販で買う人もいます。

 

「予防だ」とか言って べにふうき茶を飲まされることもあります。

 

でも 自然界にある人間が食べても副作用の心配ない成分で 花粉症やアレルギー性気管支喘息、アトピー性皮膚炎といったI 型アレルギーに対する有効性が認められていのが

 

ナリルチン

 

フラボノイドの一種でミカンなどの柑橘類にある成分です。あまり馴染みはありませんが ”じゃばら”という 温州みかんくらいで 柚子やすだちと同じ柑橘類に注目のナリルチンがとっても沢山ふくまれています。

 

花粉症 

 

どんなお味かと言うと苦がうまい柑橘類です。花粉症に良いからと言って沢山は食べられないですよね。

 

ここで紹介するサプリはジャバラの有効成分ナリルチン錠剤にして必要量を手軽に吸収できるよう加工したものです。さらに乳酸菌を加えて腸内環境を整え免疫力を向上させ、アレルギーにもに負けない丈夫な身体を作る効果が期待できます。

 

 

 

 

 

サプリメントとは何か

 

サプリメントとは不足しがちな栄養補給を補助するものです。医薬品の特効薬の様に飲んですぐ熱を下げるとか 痛みを和らげるといった 直ぐ効くものではありません。サプリメントとは「健康な体を作りたい」という努力、「いつまでも若々しくいたい」という気持ちをサポートするものです。抗ヒスタミン薬の様な即効性はありませんが、副作用の少ない自然な有効成分でじっくりと体質そのものを改善してみませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

血流を良くする
「困っている患者を助けたい。」、「本人が自覚していない深刻な病の進行を食い止めたい。」メタボ解消や成人病治療が専門の医師がお薦めする方法
高血圧改善方法
血圧が異常でも何もしない人、逆に何をやっても血圧が下がらないと悩み諦めている人へ
近視・老眼を治す方法
目が疲れる、目の奥が痛い、目疲れから頭痛肩コリと言う方へ。視力低下を止めて視力を回復しましょう。
美味しい天然水
富士山麓で湧く天然水は世界ランキングでもトップクラスとか