高血圧を根本から自分で治す方法

高血圧はほってはおけない!

高血圧って心配ですね、穏やかな流れが突然激流になるようなそんな不安を掻き立てます。

 

高血圧 

 

血圧って上がる事は誰だってありますよ、異常事態の時には。
 

  • 「好きです!」思い切って告白 
  • 怒り、喧嘩
  • 恥ずかしくて「カァー」っと熱くなる時
  • 試験だ、面接だ、これで進路が決まるなんて勝負時
  • 全力疾走、筋トレ
  • 火事だ!

 

こういう異常事態の時は自律神経の内、交感神経が優位となって体中の血管が「ギューッ!」と締め付けられます。こんな時は血圧が上がります。それによって普段には出ない力所謂「火事場の馬鹿力」が発揮されます。(パニックになる人もいますが)それは正常です、私達人間の体がそうできています。

 

でも異常事態でない普段から 血圧が高い!、高血圧がずっと続く 動悸(どうき)や不正脈、冷汗が治まらないのならば、
 

 

体に無理な負荷がかかっています。

 

「血圧が高い」と指摘されても、自覚症状がないからと放置する人が多いそうですが自覚症状がなくても 「血圧を正常にしなければ」と言う気持ちをもって下さい。特に心配なのが血管!、体中に張り巡らされた血管、ホースの様に太い血管から髪の毛よりも細い毛細血管。本来ゴムの様に弾力性があってしなやかな血液が通る管ですが、この血管が ボロボロになるリスクが高まります。

 

 

それをいつまでもほっておくと 

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞、
  • 動脈硬化、
  • 腎不全
  • 眼圧高めなら緑内障

 

 

 

血圧が高め 高血圧であるならばほおっておかないで血圧が正常になる努力をしましょう。

 

日本人には高血圧がとても多いと言います。成人であれば3人に1人、中高年に至っては2人に1人とか。
そもそもなぜ? 日本人には高血圧が多いのでしょう?

実は日本人、

 豊かとは言えませんが安くて便利、美味しい食べ物にはたくさん恵まれています。

 

ところが日本人、

 減塩には気を付けているつもりでもカップ麺とかインスタントラーメンなど日本人が愛用しているものの中には意外に塩分が多くとりすぎてしまうのです。確かに日本人はカップ麺をよく食べますね。安くて便利はありがたい事ですが、バランスの良い食事が大切ですよね。

 

 

カップ麺、食べるなら一日一個。おつゆは飲み干さない!

 

 

2017/5/17 の日本経済新聞記事「塩分摂取1位「カップ麺」、1日5.5グラム 国立研究法人 」より

 

だからと言って日本人、

 「塩分を控えればOK」と言う単純な話ではないのだそうな。

 

そもそも塩分は体に必要な栄養素です。それが証拠に熱中症の季節は汗で失われた水分や塩分を補給しないと倒れてしまいます。

ですから必要な塩分は補いつつも、過剰になった塩分は排出されるという塩分調整機能が正常に働いている事が大切です。

 

この塩分調節機能が正常に働くためには K(カリウム)、Mg(マグネシウム)、Ca(カルシウム)などのミネラルと食物繊維が適度に補給されている必要があります。

 

でも今の日本人の食生活はミネラルと食物繊維が十分には取れないのです。 真白い製塩されたお塩にはミネラルが少なく、精米され胚芽が取り除かれたお米にはビタミンや食物繊維がありません。このこと一つとっても、実生活で高血圧にならない様に気をつけるって現実には難しい事ばかりです。

高血圧治療の実態

高血圧でこんな自覚症状があればできるだけ早く専門医へ行きましょう。

 

  • 頭痛や耳鳴り、
  • 動悸、
  • 吐き気、
  • 肩こり、
  • しびれ、
  • めまい 
  • 胸痛、
  • 呼吸困難、、
  • 言葉のろれつが回らない、
  • 目が見えにくい
  • 手足の力が急に入らなくなる

 

大抵の場合、お医者さんからこういわれます。
「塩分を控えてください。」

 

高血圧

 

それでも治らない人、或いは血圧が異常に高すぎる場合は 降圧剤を処方されます。

 

 

ところがこの治療、薬を飲むと血圧は下がりますが、服用を止めると血圧がまた上がります。また薬を飲む、止めると又上がる。症状を抑えることは出来ても高血圧体質そのものを改善する根本治療にはなりません。

 

降圧剤は血圧を一時的に下げる対症療法です。高血圧気味の体質を改善する根本治療ではありません。
その上、副作用が心配されます。

 

血流悪化

 

認知症

 

うつ病

 

白内障や緑内障などの目の病気

 

副作用が心配される降圧剤の服用は必ず、医師の処方で服用しなければなりません.。その結果、医療費は高額になります。

 

 

 

何とか、薬に頼らず ずっと高血圧のまま 血圧が下がらない体質を改善する方法は無いものでしょうか?

 

 

高血圧にならない 根本的に体質改善に挑んだ人

「高血圧になったら 一生減塩食を食べ続けなければいけないのか?」
「塩分さえ控えれば本当に血圧がさがるのか?」
「降圧剤を一生飲み続けるしかないのか?」
と疑問を持ち、

医者にかかっても治らない「高血圧で苦しむ人を救いたい」

という思いから根本的に体質改善に挑んだ東洋医学の専門家がいます。藤城博という方です。

 

 

 

藤城さんが注目したのが栄養学と生活習慣改善。何故か日本の医学教育ではあまり重要視されないとか。そもそも日本には血液専門の医師はとても少ないのだそうです。
根本的に体質改善に取り組んだ藤城先生、栄養学と生活習慣改善に目をつけたのは良かったのですが 誰にでも効く治療プログラムの確立に30年と随分長い年月と試行錯誤がかかったそうです。

 

 

 

そして見出した  食生活と生活習慣改善プログラム。

 

 

 

この手の治療は本とか他にもいろいろとありますが藤城先生の「高血圧改善法」が 多くの人から支持されています。その理由として

 

  • 長年の多くの実績を積み重ねたプログラムである事。 
  • 早ければ3日、長くても2か月以内に効果が出る事。
  • 売り切りではなく、購入者限定のサポートが整備されている事
  • 高血圧が改善しなければ100%返金補償がある事。

高血圧が改善しなければ100%返金補償というのは治療に相当の自信がある証拠です。

 

¥29,800のDVDですが プレゼントキャンペーン応募で¥5,000戻ってきます。

 

日本食養の会 総合免疫治療研究所所長 藤城博会長からのメッセージです。 

「高血圧を改善することができるのはあなただけ」ということです。情報化社会の世の中では、全く意味のない情報や、知ってしまうとマイナスになってしまう情報があります。そしてこの世の中には、これまでに高血圧改善のための食事法をしっかりと収録したDVDは存在していませんでした。高血圧を改善し、毎日の食事を楽しんでほしい。もう投薬や合併症の不安から解放されて、有意義な毎日を過ごしてほしい。その気持ちだけで、私はこのDVDとマニュアルを作成しました。このノウハウは今後の世界において、高血圧の食事療法の基本になるものだと自負しております。これを読んでくれているあなたの高血圧が、

 

「何の心配もなく最短で改善してくれること。」
これが今の私の願いです。あなたが1日でも早く、薬や病院、そしていつ来るかわからない合併症の恐怖から解放された日々を送れることを心より祈っています。

 

「高血圧を改善することができるのはあなただけ」という信念にはとても共感できます。薬に頼らず根本から血圧を改善する方法を身につける事、「私でも血圧を下げられる」という希望がもてます。

 

¥29,800のDVDですが プレゼントキャンペーン応募で¥5,000戻ってきます。