高血圧を根本から自分で治す方法

高血圧、血圧サージ の常識が覆る

血圧180mmHgって! 衝撃でした! 「超高血圧じゃないか!」血圧計が壊れているに違いないと思って取り換えて測り直しましたが、結果は同じでした。毎朝、180mmHg以上です。昼間計ると110から120mmHgと正常血圧なのですけれど、毎年受ける健康診断で正常と診断されていながら実は非常にヤバい状態が続いてたのです!
高血圧
日本人には高血圧がとても多い事が知られています。成人であれば3人に1人、中高年に至っては2人に1人とか。 健康診断を受けていれば 血圧を測りますよね。上の血圧(心臓が血液を押し出すとき)が 140 mmHg以上、下の血圧(上の逆)が90mmHg以上であれば”高血圧”と診断されます。私自身も”高血圧”と診断されたことはありませんでした。でも2017年10月29日放送のNHKスペシャル 「血圧サージが危ない〜命を縮める血圧の高波」 を視て、色々と思い当たる節がありました。夜中に寝ている時、「ドキドキ」と動悸が激しく熟睡できない、目が覚めてしまう事がしばしばありました。そこで診療所から血圧計を借りてきて 朝一起きてから一か月、血圧を測り続けました。そして気が付いたのです。自分の身体は慢性的な血圧サージのダメージを受け続けているのだと。

 

高血圧にまつわる誤解

 年に一度の健康診断で ”高血圧”と診断されなければ大丈夫。

 

     違います!!
高血圧は誤解だらけです。上に紹介しました私のエピソードも含めて 実際に高血圧を患っている人達と話してみると良く分かります。高血圧は誤解だらけ、その為に正しい予防や治療がなされないまま取り返しがつかない段階へと進むケースが多いのだと思われます。

 

何故?日本人には高血圧が多いのでしょう?

 

 日本は世界の中でも長寿国です。日本に済む人は生活環境が安全面や衛生面で行き届いていて長生きができる。でも「日本人は健康長寿とは言えない」のだそうです。長生きできても健康ではないと自分が辛いばかりでなく、健康保険で賄っている莫大な医療費や介護費が膨れ上がり、次の世代にのしかかります。慢性的な高血圧や血圧サージをほおっておくと 健康で長生きできないリスクが高まります。そもそも自分も含めて、何故日本人には高血圧が多いのでしょう。

 

誤解:血圧が高くても 胸が痛い、頭が痛いといった自覚症状がなければ大丈夫。

高血圧、血圧サージ(突発性の血圧急上昇)はサイレントキラー と呼ばれています。慢性的な高血圧、血圧サージが続いていると血管の壁が厚く脆く破れやすく 或いは血流が詰まったりそんな症状が進行します。胸が痛い、頭が痛いといった自覚症状が無ないまま、血管の劣化が進むのです。

高血圧 

 

思い当たる人は是非見て下さい。  

時々胸が痛い、動悸や息切れ。心肥大、狭心症、心筋梗塞が起きるリスク

 

高血圧で頭痛、吐き気なら要注意! 脳梗塞、高圧性脳症が起きるリスク

 

「名前が思い出せない」「鍵が無い」「財布をどこに置いた?」 若くても発症!脳血管性認知症のリスク

 

他にも 腎不全や 緑内障のリスクが高まるのではと言われています。でも高血圧だからそうなるリスクが高まる。そうならないように気を付けようって誰もハッキリとは言ってくれないのが実情です。

 

誤解:高血圧の原因は 塩分のとり過ぎ位 普段から塩気あるものを食べ過ぎなけば大丈夫。

「塩分のとり過ぎを気をつけろ」、「減塩しろ」と良く言われます。でも日本特有の理由で 減塩しているつもりでも塩分とり過ぎになってしまう事情があります。又、塩分は体に必要な栄養素です。熱中症の季節、塩分が不足すると倒れてしまいます。ですから 

塩分はとり過ぎず 且つ 不足しない様にバランスよく摂る事が大切。 

高血圧

 

誤解:高血圧になりやすいのは怒りっぽい人だけ?

 

血圧が上がりやすい人は怒りっぽい人。直ぐカッとなるキャラでなければ大丈夫。なんて誤解していませんか。高血圧、血圧サージ の常識が覆る 最大のポイントです。テレビでも紹介されていた

こんな事で血圧が下がるなんて!!

 

日本人の血圧を上げていた本当の原因が垣間見れる貴重な証拠です!

慢性的な高血圧や血圧サージの本当の原因

血圧が上がる事は誰だってありますよ、異常事態の時には。
 

  • 「好きです!」思い切って告白 
  • 怒り、喧嘩
  • 恥ずかしくて「カァー」っと熱くなる時
  • 試験だ、面接だ、これで進路が決まるなんて勝負時
  • 全力疾走
  • 火事だ!

 

こういう異常事態の時は心臓がドキドキ、バクバク高鳴りますし、血管が収縮します。自律神経の内、交感神経が優位となって体中の血管が「ギューッ!」と締め付けられます。こんな時は血圧が上がります。それによって普段には出ない力、所謂「火事場の馬鹿力」が発揮されます(パニックになる人もいますが)。異常事態の時に血圧が上がる。それは正常です、私達人間の体がそうできています。ところが異常事態でもないのに血圧が上がりっぱなし、毎朝血圧が急上昇するなんて状態が慢性化している。これは何が何でも改めないと。

 

生命維持機能

 最近の医科学研究の成果で次第に分かってきた私達の生命維持機能、それは簡単に言うとこんな感じです。頑張るときには頑張る、危機が迫れば切り抜けられる、火事場では馬鹿力がだせる。有害な物質、細菌やウィルスが体内に侵入してもそれを排除してしまう。でも安らぐ時は心身を休める、休んでいる間に心身の疲労回復、ダメージの修復を行う事ができる。これが進化の過程で自然に身についた生命維持機能です。私達の体の中には自分では意識していませんがこんな生命維持機能が働いています。具体的には・・・・

  • 自律神経(頑張りとや安らぎのバランス)  
  • ホルモン(刺激物質 若さや健康の源)   
  • 免疫力(有害な細菌やウィルスと戦う)  
  • 情報伝達物質(臓器間ネットワーク交わされる情報交換)
  • 睡眠(記憶や感情の整理、仕分け 脳の発達)

他にも次々と新しい発見がなされるでしょう。
ところが、ストレスが多い現代社会においては 進化の過程で身につけた生命維持機能がバランスを失いつつあります。よく耳にする例としては

  • 鬱(うつ)や自律神経失調症 パニック 
  • 不眠症、気力喪失             
  • アトピーとか花粉症              
  • 腰痛                           
  • 成人病(ガン、糖尿病、心臓病、脳卒中)

 

血圧異常

 

 血圧にでも異常事態でもないのに 普段から慢性的に血圧が高い!、朝起きる時間が近づいてくると血圧が急上昇する! 動悸(どうき)や不正脈、冷汗が治まらないといった症状を訴えるなら・・・生命を維持する機能がバランスを失い、暴走している兆候なのです。手を胸に当てて体に訊ねてみれば何となく思い当たる節がありませんか?

 

高血圧 

高血圧治療の現実

血圧が高くて でこんな自覚症状があればできるだけ早く専門医へ行きましょう。

 

  • 頭痛や耳鳴り、
  • 動悸、
  • 吐き気、
  • 肩こり、
  • しびれ、
  • めまい 
  • 胸痛、
  • 呼吸困難、、
  • 言葉のろれつが回らない、
  • 目が見えにくい
  • 手足の力が急に入らなくなる

 

経過観察

大抵の場合、お医者さんからこういわれます。 「塩分を控えてください。」 
腎臓の機能が弱っていないか診られる事もあるでしょう。そして「又、診察に来るよう」にとなります。様子見 経過観察ですね。
高血圧
しばらく様子を見続けるけれど高血圧が下がらない。そうすると治療は次の段階へと進みます。・・・・

 

降圧剤治療

血圧が180mmHgと超高血圧で、血圧が下がらない人は降圧剤を処方されます。
高血圧

 

ところがこの治療、薬を飲むと血圧は下がりますが、服用を止めると血圧がまた上がります。また薬を飲む、止めると又上がる。症状を抑えることは出来ても高血圧体質そのものを改善する根本治療にはなりません。
高血圧

 

降圧剤は血圧を一時的に下げる対症療法です。高血圧気味の体質を改善する根本治療ではありません。その上、副作用が心配されまので降圧剤の服用は必ず、医師の処方で服用しなければなりません。その結果、医療費は高額になります。

 

高血圧 

 

 

生命維持機能のバランスの乱れ

 

 

最近の医科学研究の成果で次第に分かってきた私達の生命維持機能、それはピンチを切り抜け、チャンスを獲得し、体を守る為に備わっている機能です。

  • 自律神経(頑張りとや安らぎのバランス)  
  • ホルモン(刺激物質 若さや健康の源)   
  • 免疫力(有害な細菌やウィルスと戦う)  
  • 情報伝達物質(臓器間ネットワーク交わされる情報交換)
  • 睡眠(記憶や感情の整理、仕分け 脳の発達)

 

繰り返しますが ストレスが多い現代社会ではこの生命維持機能がバランスを失い、鬱(ウツ)や自律神経失症、アレルギーやアトピー、不眠症や成人病と言った現代病を引き起こしているのですが、高血圧もまたこの生命維持機能のバランスの乱れから生じています。その決定的な証拠の一つがこれです。

 

高血圧、血圧サージ の常識が覆る 最大のポイントです。テレビでも紹介されていた。

こんな事で血圧が下がるなんて!!

 

但し、自分もやってみましたが、ハンドグリップ法を一か月間。結論から言うとそれだけでは血圧は下がりませんでした。でも自分の生命維持機能のバランスの乱れを鎮めるのだという意識を持つ事は血圧を正常に戻す事にとても有効でした。思い当たればこんな事です。

 

実は人類は太古の昔から生命維持機能のバランスの乱れを鎮める術を知っていました。

東洋医学です。といっても針、灸、指圧、漢方薬と言った物だけが東洋医学ではありません。無理や不自然な事を過度に行わないをしない日常の自然な営み、即ち生活習慣の知恵にこそ生命維持機能のバランスを維持する知恵があるのです。

 

 とか と言った言葉を聞いた事はありませんか?
 東洋医学で重んじているのは呼吸 や 血流です。これらが荒ぶる事無く乱れることなく 穏やかな清流である事が 生命維持機能のバランスを維持する上で大切という思想であり、太古の昔から人類に受け継がれてきた知恵です。

 

 

 

高血圧を根本的に鎮める体質改善

医者にかかっても治らない現実から、高血圧治療に疑問を抱いた人がいます。

  • 「高血圧になったら 一生減塩食を食べ続けなければいけないのか?」
  • 「塩分さえ控えれば本当に血圧がさがるのか?」
  • 「降圧剤を一生飲み続けるしかないのか?」

 

「高血圧で苦しむ人を救いたい」

という思いから根本的に体質改善に挑んだ東洋医学の専門家がいます。藤城博という方です。

 

 

 

藤城さんが注目したのが栄養学と生活習慣改善。何故か日本の医学教育ではあまり重要視されないのだとか。そもそも日本には血液専門の医師はとても少ないのだそうです。
根本的に体質改善に取り組んだ藤城先生、栄養学と生活習慣改善に目をつけたのは良かったのですが誰にでも効く治療プログラムの確立に30年と随分長い年月と試行錯誤がかかったそうです。

 

 

 

そして見出した  食生活と生活習慣改善プログラム。

 

 

 

この手の治療は本とか他にもいろいろとありますが藤城先生の「高血圧改善法」は多くの人から支持されています。その理由として

  • 長年の多くの実績を積み重ねたプログラムである事。 
  • 早ければ3日、長くても2か月以内に効果が出る事。
  • 売り切りではなく、購入者限定のサポートが整備されている事
  • 高血圧が改善しなければ100%返金補償がある事。

高血圧が改善しなければ100%返金補償というのは治療に相当の自信がある証拠です。

 

¥29,800のDVDですが プレゼントキャンペーン応募で¥5,000戻ってきます。

 

日本食養の会 総合免疫治療研究所所長 藤城博会長からのメッセージです。 

「高血圧を改善することができるのはあなただけ」ということです。情報化社会の世の中では、全く意味のない情報や、知ってしまうとマイナスになってしまう情報があります。そしてこの世の中には、これまでに高血圧改善のための食事法をしっかりと収録したDVDは存在していませんでした。高血圧を改善し、毎日の食事を楽しんでほしい。もう投薬や合併症の不安から解放されて、有意義な毎日を過ごしてほしい。その気持ちだけで、私はこのDVDとマニュアルを作成しました。このノウハウは今後の世界において、高血圧の食事療法の基本になるものだと自負しております。これを読んでくれているあなたの高血圧が、

 

「何の心配もなく最短で改善してくれること。」
これが今の私の願いです。あなたが1日でも早く、薬や病院、そしていつ来るかわからない合併症の恐怖から解放された日々を送れることを心より祈っています。

 

「高血圧を改善することができるのはあなただけ」という信念にはとても共感できます。薬に頼らず根本から血圧を改善する方法を身につける事、「私でも血圧を下げられる」という希望がもてます。

 

¥29,800のDVDですが プレゼントキャンペーン応募で¥5,000戻ってきます。