頭痛,めまい,吐き気を治す 首コリ解消は 病院でなく自分で

首コリ解消ができる人が生き延びる

 

首が痛いとか 首が重いとか 首がだるいという自覚が無くても首コリを予防しましょう。

 

頭痛,めまい,吐き気を兆候に起きる ウツ、パニック障害、自立新規失調症 が現在社会で急上昇!動かない体を使わないで同じ姿勢を長時間続けるデスクワークやパソコン、スマホに依存する生活習慣がネックになっていると言う。ネック(首)だけに。不定愁訴などと括られ病院に頼ってもはっきりと原因が分からずお茶を濁すような診断で症状の悪化を止められず 休学、求職、休学に追い込まれる事態に!、それを救うのは

 

首こり解消 

 

「首コリ解消がほぼ本命」

 

「首コリ解消できる人が生き延びる。」と言われ始めています。

 

首が痛いとか 首が重いとか 首がだるいという自覚が無くても首コリを予防しましょう。例えばNHKのためしてガッテン、イヤイヤ運動とか称して  専門家の指導の元 首コリストレッチ を公開することはとても良い事なのですけれど

 

首こり解消 

 

2019年2月13日(水)午後7時30分 NHKためしてガッテン 
“新原因”発見! 衝撃の肩・首のこり改善SP より

 

 

首コリ解消でとても大切な注意、根本的な事が十分に伝えられていない事はかなり心配です。必見 頭痛,めまい,吐き気を治す 首コリ解消を自分で正しく行う為にも首こり解消の基本は

 

揉まず」に「ゆるめ」て「冷やさない」で「鍛える」事です。

首こり解消の基本

首こり解消の基本は 「揉まず」に「ゆるめ」て「冷やさない」で、「鍛える」です。 

 

1.首コリが 肩のコリや足がつった等とは決定的に違う事

筋肉のコリが痛みや動きが鈍くなる原因は筋肉が硬くなって神経や血管を圧迫するからです。でも体の内、首を通ってのいる神経は他の神経とは決定的に違います。脳、首、背骨を通っている神経や血管は

 

 生命を維持する為や血液や刺激情報の大通りです。

 

首の筋肉(特に後頭下筋群)がコって 大通りを行き来する神経や血管が圧迫されると 単に首が痛い、重いでは済まされず 頭痛,めまい,吐き気 などに代表されず体全体の不調(不定愁訴)を誘発し慢性化すると若さや活力の象徴で ストレスに耐える力頑張る気力が失われウツ、パニック障害、自立新規失調症を引き起こすリスクが高まるのです。

 

 

2.「首は絶対にもんではいけない!」

 

首のコリを解消しましょうと言うと「何だ首のコリか!」と 首を揉もんだり叩たいたりしようする気になりますよね。

 

首コリパニック

 

 それが結構恐ろしい不調を引き起こしたりします。首(特に 首の後ろから頭の付け根あたり)は 身体全体の調子を左右する『自律神経』が集中しているデリケートな箇所『副交感神経センター』。そのケアは実績ある専門家の指導を受けて身に付けることが大切です。
>>『週刊現代』(2015年8月29日号)「今すぐ『首』を揉むのはやめなさいー実は万病のもとだった!」松井孝嘉博士(東京脳神経センター理事長)インタビューの記事より

 

首コリ解消

 

 

2.首を冷やさない、特に寝ている時

 

他にも入浴した時は 肩から首周りを良く温めるようにします。半身浴とは反しますが。そして湯上りには冷やさない様にします。 ネックウォーマー私は寝るときはネックウォーマーを使います。特に首が寒いとか冷えるという自覚はありませんが。ネックウォーマーを使う前と比べるとぐっすり眠れる様になりました。ネックウォーマーは冬は厚手ものを使いますが 夏でも薄手のものを使います。

 

necwamer

首コリ解消ストレッチを習慣化して予防

為になる番組”ためしてガッテ”、専門家が唱える分かり難い話を分かりやすく演出して、それだけでなく番組独自に調べて被験者集めて実験して。でも視てもやらない人多いですよね。

 

「首がこったり、痛くなったら思い出して首コリ解消ストレッチやろうかな」と思わないで 習慣化して予防する事が大切です。そして ゆっくり、小さく、頑張らない。これが基本

 

首コリを起こす筋肉がこれだ!

 

後頭下筋群。ボーリング程の重い頭を支える、支え傾ける役割を担う筋肉。首を傾けたり支えたりする体の奥深いところにあるのであまり意識されない。ここを「揉まず」に「ゆるめ」る事が目標です。

 

首こり解消

 

 

 

いやい運動

 

目を閉じてゆっくり、ゆっくりちいさな角度で首を左右に向けます。頑張らないで20往復 × 朝昼晩3セット/一日。
首コリ解消

 

寝ながらやるのもお薦めです。
首こり解消 

 

 

 

うなずき運動

 

目を閉じてゆっくり少し後ろを向いてうなずくようなストレッチ。首の後ろの筋肉を軽く伸縮させることが狙い。頑張らないで  20往復 × 朝昼晩3セット/一日。

 

首こり解消

 

あご引き運動

3秒間、伸ばしてから緩める。無理しない範囲で、呼吸は自然に行って止めない。

 

 

首こり解消

 

 

 

 

2019年2月13日(水)午後7時30分 NHKためしてガッテン  で 頭頸部・体幹・上肢に対する理学療法が専門の文京学院大学・助教:上田 泰久さんを招いて紹介。
“新原因”発見! 衝撃の肩・首のこり改善SP より

良い姿勢を維持できるよう体を鍛える

 

 「鍛える」

 

首コリの原因は 悪い姿勢と目の筋肉の酷使(スマホのスクロールなど)と 2019年2月13日(水)午後7時30分 NHKためしてガッテン “新原因”発見! 衝撃の肩・首のこり改善SP で紹介されていました。特に悪い姿勢、殻が前屈みになって首を起こしてパソコンの画面を見ると後頭下筋群が圧迫される事が紹介されていたが番組はここまで。「最初は背筋真っすぐにパソコンに向かっていてもだんだんダレてきて前屈みになってしまう。」ゲストの証言もあったけれど、どうすれば正しい姿勢を維持できるようになるか迄は語りきれませんでした。

 

世の中には 猫背ストレートネック 、骨盤のゆがみからくるO脚太っていないのにぽっこりお腹 など憂うべき悪い姿勢の人が横行しています。
首コリ解消

 

現代社会に生きる人間、運動不足や長時間同じ姿勢でいる事が多いので 体全体の姿勢を支える筋肉が衰えておりそれが悪い姿勢にしてしまいます。

 

姿勢を支える筋肉を鍛える

 ではどうすれば姿勢を支える筋肉を鍛えて首がコラないように出来るのでしょう? 姿勢を良くするためには土台から正す事、病院すなわち整骨矯正治療や整形外科に頼るのではなく 自ら鍛えるのが根本解決になるのです。

 

 

首こり解消 

 

首こり解消 

 

 

 

 

>> 良い姿勢を維持できるよう体を鍛える上で 最もお薦めなコンテンツがこちらです。

 

 

正しい姿勢を維持できることは一生の財産です。頑張って自力で鍛えましょう。
首こり解消 

 

(本名:試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法)

 

 

 

姿勢が悪いとウツになる 

 

 

一刻も早く実践されたい方はこちらからドラッグしてください

 

16.改善までの期間(3〜6か月のメニューです。)

 

17.商品・サポート・返金保証について(キャッシュカードをご用意ください)

 

 

姿勢が悪いとウツになる

 

 

関連ページ

美骨枕を使った首ストレッチ
金本博明氏・考案「美骨枕を使った首ストレッチ」は確かな耐ストレス性UP、自立神経失調症、パニック、ウツ病から身を守る上で最強
うつ病を解消する
うつ病で落ち込んでいる人に 頑張れとか励ますとかえって追い詰めます。どうすれば良いか?
姿勢で人生が変わる
原因不明の体調不良から うつ、パニック障害、自律神失調症 を解消する方法
姿勢を良くするコツ
背筋をピンと伸ばし寄りかかって座らない 姿勢を良くするだけで調子が良くなり うつ病、パニック障害、自律神経失調症が解消される。